フロッグにバイトするブラックバスの2016年賀状テンプレ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
フロッグルアーに喰い付くブラックバスの年賀状

もしこの作品を見て「ゾクッ」としてしまったのなら、自覚してください。

あなたはもうただのブラックバスフィッシングファンではなく、立派な“フリーク”です^^

じゃなきゃ、普通こんな偏ったスタイルには反応しませんよ^^

この作品は2016年 申年用の年賀状テンプレートです。】⇒2017年 酉年用の年賀状テンプレート一覧はこちら

作品のご購入は安心のPIXTAから

当サイトに掲載した作品はすべて、国内最大級ストックフォトサイト「PIXTA」からのみ、ご購入頂けます。まずは会員登録を!登録はもちろん無料です!!


更に!只今こちらのリンクから会員登録をすると、540円分のクーポンが貰えます!
⇒イラスト素材【PIXTA】会員登録はコチラから


2016年賀状_フロッグゲーム

 

フロッグルアーに喰い付くブラックバスの年賀状

⇒ご購入はコチラからどうぞ!

 

【ご購入の前に必ずご確認ください!】

お買い求め頂けるデータには【JPG】【PNG】【ベクター】の3種類があって、それぞれ異なった特徴を持っています。無駄に高額なデータを買ってしまわれないよう、コチラのページにてご確認ください。

⇒JPG?PNG?ベクター?あなたにとって必要な画像データのファイル形式とは?

フィッシングスタイル

【バス釣り猿のイラストの、バサーの為の2016年賀状】という記事でも触れましたが、僕はこれがなければ生きてゆけないというくらいの、ブラックバス釣りのファンです。

そこでもお話しましたが、僕がバスフィッシングにハマった要因の一つが「カッコイイ」ということ。

服装や道具、スタイル、バスフィッシングの全てがどれもこれもカッコ良く、始めたばかりの頃は、そのかっこいい世界観を感じるだけで充分でした。

親に頼んで、安物のスピニングタックルと安物のルアーを数個買ってもらい、近所の池にルアーを投げに通いました。

バスが釣れる釣れないは、問題ではないんですw
というか、正直ルアーでバスが釣れるなんて、考えもできませんでしたからww

ただただ、雑誌で見たカッコいいバスプロ達のように、リールとロッドを使ってルアーを沖に向かってキャストし続ける…本当に、ただそれだけで大満足。

バスの“バ”の字も、アタリの“ア”の字もないまま、日の出から日没まで、キ○ガイのように何時間でもキャストを繰り返してました^^

それでも全然楽しくて、1匹のバスも釣れないまま、気付けば2年!経ってましたw

ただ、仮に釣る気がなくたって、2年もルアーを投げ続ければバスはいやでも釣れてしまうもんです。

そして最初のバスを手にしたとき、僕はとうとう気付いてしまったんです。
バスが釣れると、ただルアーを投げるだけのときの100倍楽しいということにw

「バスはルアーで釣れる」という事実を目にしてから、ルアーを投げることが目的だった僕の釣りは、次第にいかに確実にバスを釣るか?に変化していきました。

20年目で目が覚めた

その後もタックルやルアーを増やしながら、僕は基本「バスを確実に釣るスタイル」で釣りを楽しんできました。

そんなある時、20代後半の頃だったと思うのですが、ガキの頃からの釣り友達と秋田県の八郎潟に遠征することになりました。

当時の八郎潟は、まだバスが釣れると知られてからそれほど年月が経っていなかったこともあり、雑誌やTVでは驚異的な釣果が報告されていました。

それ程釣れるのならと、僕はいつもの「バスを確実に釣るスタイル」を封印し、ガキの頃雑誌で見てワクワクしていたにも関わらず、普段ほとんど使うことのないレジェンド・トップウォーター・ルアーに縛ってバスを釣ることにしてみたのです。

八郎バスはその遊びに、見事に答えてくれました。

大好きなヘドンのクレイジー・クローラーをはじめ、オリザラやジターバグ、バルサ50シリーズなど、正直タックルボックスの“飾り”だったルアーに次々とバイトするバス達…

楽しくて、楽しくて、楽しくて、もう一つオマケに楽し過ぎる…

バスフィッシングを始めておよそ20年、僕は目が覚めたような気がしました。

今までいろんなスタイルの釣りをしてきたけれど、自分がバスフィッシングに一番求めていたのはきっとこんなスタイルの釣りだったんだ、と…

あの頃に逆戻り

八郎潟の衝撃の後、僕の使うルアーはトップウォーターや大きめのクランクベイトが中心になり、その数年後、“ビッグベイト”と運命の出会いをします。

もう、あのバカデカイルアーを見た瞬間ビビッと来て、速攻で専用ロッドと3本程のビッグベイトを買ってました^^

ただ、フィッシングスタイルがビッグベイト1色になったその後の2年間、僕は1匹のバスすらも手にすることができませんでしたw

でもね、ビッグベイトを投げて、巻いてくるだけで死ぬ程楽しいんです^^

バスの“バ”の字も、アタリの“ア”の字もないまま、日の出から日没まで、キ○ガイのように何時間でもキャストを繰り返していました^^

30年前のあの頃と全く同じとかwww

そして、やっと釣れたビッグベイトでの初バスも、あの頃と同じ2年後。

ただ、釣れたバスだけはあの頃考えもできなかった、57cmのモンスターでした^^

新たなスタイル

来年もビッグベイトメインなのは変わらなそうですが、ちょっとハマってみたい釣りも見つけました。

“フロッグゲーム”です。

巷では何年も前に小さなブームになりましたが、その時はあまりピント来ず、今更なぜだかやってみたくて仕方なくなりました^^

で、そんなマイブームのスタート記念として、年賀状にしてやりましたよw

それがこの作品【2016年賀状_フロッグゲーム】です。

100%僕欲の為に作った作品ですが、中にはリアクションバイトするコアなバスフィッシング・フリークの方もいらっしゃるかもしれません^^

ただ、やっぱり今回も売れるまで2年掛かったりしてwww

 

フロッグルアーに喰い付くブラックバスの年賀状

⇒ご購入はコチラからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す