DJ Osaru in the house!なイラスト年賀状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
猿がDJをしているイラストの年賀状テンプレート

HipHopファンの方はもちろん、DJカルチャーに興味があるのでしたら、2016年のお正月にはこんな年賀状はいかがですか?

アフロヘアがCoolなHip Hop DJ「DJ Osaru」のイラスト年賀状です^^

B-Boy仲間やクラブの友達なんかに贈ったら、きっと喜ばれるんじゃないでしょうか?

この作品は2016年 申年用の年賀状テンプレートです。】⇒2017年 酉年用の年賀状テンプレート一覧はこちら

作品のご購入は安心のPIXTAから

当サイトに掲載した作品はすべて、国内最大級ストックフォトサイト「PIXTA」からのみ、ご購入頂けます。まずは会員登録を!登録はもちろん無料です!!


更に!只今こちらのリンクから会員登録をすると、540円分のクーポンが貰えます!
⇒イラスト素材【PIXTA】会員登録はコチラから


2016年賀状_お猿のDJ

 

猿がDJをしているイラストの年賀状テンプレート

⇒文字入りパターンのご購入はコチラからどうぞ!

 

猿がDJをしているイラストの年賀状テンプレート

⇒文字なしパターンのご購入はコチラからどうぞ!

 

【ご購入の前に必ずご確認ください!】

お買い求め頂けるデータには【JPG】【PNG】【ベクター】の3種類があって、それぞれ異なった特徴を持っています。無駄に高額なデータを買ってしまわれないよう、コチラのページにてご確認ください。

⇒JPG?PNG?ベクター?あなたにとって必要な画像データのファイル形式とは?

クラブDJの夜明けぜよ!

最近はちょっと落ち着いてしまった感はありますが、以前DJブームと呼べるような時期がありました。

よね?

僕的には、あったような気がします。

おそらくは、「DJ HONDA」や「DJ KRUSH」が日本人DJとして世界で評価された(と、一般に認知された)時期と一致していたと思います。

もうかれこれ20年以上も前の話ですから、このブログを読んでくれている多くの方にとっては、リアルな話ではないかもしれませんね。

当時のDJ HONDAブームはなかなかでしたよ。

「h」ロゴのキャップやTシャツが、飛ぶように売れていました。
クラバーでもB-boyでもない、一般の人達の間にですよ。

で、その商品のほとんどがおそらくイリーガルに売られている、いわゆる「パチもん」で、普通の衣料品店で普通にタタキ売られていました。

当時のTV番組で、どこか田舎の農家のおじさんのインタビューがあったんですが、そのおじさん「h」ロゴのキャップを被ってましたよw

おじさん、DJ HONDAどころか、DJとは何かすら知らなかったんでしょうけど。

そんな時代もあったんですよ^^

DJとは何ぞや?

当時僕は、ある人との出会いからHipHopに興味を持ち始め、国内外のヒップホップミュージックのCDを買って聴いたり、たまにクラブに足を運ぶこともありました。

そんな中、本当にひょんなことからなのですが、ある時期、頻繁にプロのHipHop DJ達の生の声を聴く機会がありました。

残念ながら彼らのほとんどはHONDAやKRUSHのように、一般に広く認知されることはありませんでしたが…

色々なDJ達の話を聞いていくうちに、DJのことなど何も知らない僕が「DJって一体何なの?」という自らの問いに対する、自分なりの答えが見えてきました。

その答えは「音楽バカ」。

音楽を聞くのが大好きだった僕ですが、出会ったDJ達はその10,000倍音楽が好きでした。

話を聞いていても、僕の知らないことばかり。

しかもそんなつまらない話が延々と続くんです^^

お会いしたのは当時の僕とほぼ同年代のDJがほとんどだったのですが、僕の生まれた時代の音楽の話とか、日本では一般的に認知されていない海外のミュージシャンの話、HipHop DJだけれど他のジャンルの音楽にもすごく詳しい。

会うDJ会うDJが、みな一様に「音楽バカ」でした。

音楽バカの役割

彼らは音楽業界のプロではありましたが、いわゆる「ミュージシャン」とは明らかに異なります。

楽器を演奏することもなければ、歌を歌うこともありませんから。

そんなただの「音楽バカ」が、なぜプロフェッショナルとして他人様からお金を頂くことが出来るのか?

その答えは、今まさに注目されている職業「キュレーター」の役割をしているからなのだと思います。

「もっともっといい音楽を楽しみたい!」「聴いたことのない音楽を聴いてみたい!」「音楽を肴にお酒を飲みたい!」「いい音楽をバックに口説きたい!」「なにもかも忘れて踊り狂いたい!」

そんな多種多様な人々の想いは、ものすごいテクニックをもったギタリストでも超絶の歌声を持ったディーバでもなく、ただの「音楽バカ」にこそ叶えられることなのだと思います。

この年賀状テンプレート【2016年賀状_お猿のDJ】は、そんなDJ達へのリスペクトを込めて作った作品。

DJが音楽で人々を喜ばせるように、僕もこんな作品達でみなさんを喜ばすことができれば最高なんですが…^^

 

猿がDJをしているイラストの年賀状テンプレート

⇒文字入りパターンのご購入はコチラからどうぞ!

 

猿がDJをしているイラストの年賀状テンプレート

⇒文字なしパターンのご購入はコチラからどうぞ!

 

ちなみに、ヒップホップが好きな方には他にも↓こんなテンプレートもご用意してます。
⇒ヒップホップフリーク必見!B-BOY猿の年賀状デザイン
⇒グラフィティがカッコイイ!お猿ライターの2016年賀状
⇒B-boy御用達!ブレイクダンスをする猿イラストの年賀状
⇒パクリ?オマージュ?レコードジャケットのパロディ年賀状

さらに、ヒップホップ以外にもいろんなジャンルの音楽をモチーフにしたテンプレートもありますので、興味があればぜひ^^
⇒あのギターの神様に激似?ギター猿の60′sサイケ調年賀状
⇒ヤーマン!レゲエフリークに贈るラスタ猿のイラスト年賀状
⇒grunge is not dead! グランジ年賀状
⇒ジャズマンとベーシストの為の、Jazzyなお猿の年賀状
⇒新年の幕開けはPファンク!?ファンキー猿の年賀状テンプレ
⇒猿のお面を被ったガールズバンドのクールでロックな年賀状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す