あのギターの神様に激似?ギター猿の60′sサイケ調年賀状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ギターを弾く猿のサイケ調デザイン年賀状テンプレート

もしもあなたがロック好きでしたら、2016年のお正月にはこんな年賀状はいかがですか?

ロック、エレキギターフリークなあなたにだけお贈りする、あのギターの神様に激似なお猿イラストの、60′sサイケ調デザインの年賀状です。

ヒッピー、フラワームーブメントが好きな方に贈るのもアリかもしれませんね^^

この作品は2016年 申年用の年賀状テンプレートです。】⇒2017年 酉年用の年賀状テンプレート一覧はこちら

作品のご購入は安心のPIXTAから

当サイトに掲載した作品はすべて、国内最大級ストックフォトサイト「PIXTA」からのみ、ご購入頂けます。まずは会員登録を!登録はもちろん無料です!!


更に!只今こちらのリンクから会員登録をすると、540円分のクーポンが貰えます!
⇒イラスト素材【PIXTA】会員登録はコチラから


2016年賀状_ギター猿

 

ギターを弾く猿のサイケ調デザイン年賀状テンプレート

⇒ご購入はコチラからどうぞ!

 

【ご購入の前に必ずご確認ください!】

お買い求め頂けるデータには【JPG】【PNG】【ベクター】の3種類があって、それぞれ異なった特徴を持っています。無駄に高額なデータを買ってしまわれないよう、コチラのページにてご確認ください。

⇒JPG?PNG?ベクター?あなたにとって必要な画像データのファイル形式とは?

ギターヒーロー

ロックが好きだったりバンド活動をしている人ならば、きっとお気に入りのギタリストがいるかと思います。

あなたにとってのギターヒーローは誰ですか?

僕はギターは弾けませんが、若い頃から洋楽ロックを聞くのが大好きで、もちろんお気に入りのギタリストもいます。

僕が洋楽を聞き始めたのは1987年、高校1年生の頃。
当時はメタルやハードロック全盛時で、MTVのTOP10にはいつもそんなバンドがひしめき合っていていました。

それまで洋楽なんて全く興味のなかった僕は、MTVであるロックバンドのある曲のビデオクリップを見て、そのカッコ良さに衝撃を受けました。

Guns N’ Rosesの「Welcome to the Jungle」です^^

僕はすぐにガンズのファンになってしまい、そして個性的なメンバーの中でもひときわ僕を魅了したのが、ギタリストのスラッシュでした。

ギターの演奏技術とかテクニックとかじゃなく、とにかくあの見た目のカッコ良さにひと目で完全にヤラれましたね。

スラッシュは僕にとっての初めてのギターヒーローなのです。

ギターの神様

「Welcome to the Jungle」を初めてMTVで観た後すっかり洋楽にハマった僕は、次にエアロスミスのジョー・ペリーを知り、ローリングストーンズのキース・リチャーズを知り、レッチリのジョン・フルシアンテを知りました。

やっぱり当時人気があって、リアルタイムで観て知ることのできたギタリスト達が今でも僕のギターヒーローですね^^

その後も、ジミー・ペイジやエリックク・ラプトン、ブライアン・メイなどの超有名ギタリスト達を知りましたが、リアルタイムで観る機会があまりなかったせいか、正直僕的にはあまりピンときません。

※ちなみにキース・リチャーズは、当時(1990)ストーンズが久々にNEWアルバム「Steel Wheels」を出すということでMTVで散々特集を組んでいましたので、僕にとってもリアルタイムだったりします^^

ただそんな中、リアルタイムで見たことのないギタリストでも僕にとってビビッときたプレーヤーがいました。

ギターの神様ジミ・ヘンドリクスです。

神様と呼ばれるくらいですから、演奏技術もものすごい人だったのでしょうが、その辺はニワカの僕には正直よくわかりません^^

ただ、初めてジミヘンの昔の映像を観たときに、スラッシュを始めてみたときと同じ衝撃を受けたんです。

独特のスタイルやプレーの雰囲気はもちろん、逆さに構えたギターやフラワーな衣装、ギターを歯で弾いたり燃やしちゃったりするパフォーマンスも、イカれてて最高にかっこいい!

リアルタイムで観ていないという面では、ジミー・ペイジやクラプトンといっしょなのに、なぜ彼らとは違った魅力を感じてしまうのか?

もしかすると、そのルックスやイカれっぷりを含め、僕にとってリアルでないからこそ魅かれてしまうのかもしれません。

ジミヘンは僕にとって、きっとスーパーマンやバットマンと同じ、架空のスーパーヒーローなのです^^

この年賀状テンプレート【2016年賀状_ギター猿】は、ジミヘンの音楽や雰囲気、彼を取り巻く当時のカルチャーから受けたインスピレーションを元に作ったお気に入りの作品です。

ロックやギターフリークの方はもちろん、60′sカルチャーが好きな方、60′sをリアルに生きた方なんかに使ってもらえたら、とても嬉しく思います^^

 

ギターを弾く猿のサイケ調デザイン年賀状テンプレート

⇒ご購入はコチラからどうぞ!

 

ちなみに、他にも様々なジャンルの音楽をモチーフにした年賀状テンプレートを紹介していますので、ぜひ併せてご覧下さい。
僕の趣味に合わせたものばかりで恐縮ですが^^

⇒ヒップホップフリーク必見!B-BOY猿の年賀状デザイン

⇒DJ Osaru in the house!なイラスト年賀状

⇒ヤーマン!レゲエフリークに贈るラスタ猿のイラスト年賀状

⇒grunge is not dead! グランジ年賀状

⇒ジャズマンとベーシストの為の、Jazzyなお猿の年賀状

⇒新年の幕開けはPファンク!?ファンキー猿の年賀状テンプレ

⇒猿のお面を被ったガールズバンドのクールでロックな年賀状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す