年間50日以上雪山に!?スノーボードフリーク御用達年賀状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スノーボードをする猿の2016年賀状テンプレート

あなたはスノーボードをやったことがありますか?
「Yes」であれば、1シーズンでどれくらいの日数雪山に行かれますか?

「50日以上」なんて答えたあなたは、もう間違いなく〝フリーク〟

そんな〝スノボフリーク〟の方にぴったりな年賀状テンプレートを作りました^^

この作品は2016年 申年用の年賀状テンプレートです。】⇒2017年 酉年用の年賀状テンプレート一覧はこちら

作品のご購入は安心のPIXTAから

当サイトに掲載した作品はすべて、国内最大級ストックフォトサイト「PIXTA」からのみ、ご購入頂けます。まずは会員登録を!登録はもちろん無料です!!


更に!只今こちらのリンクから会員登録をすると、540円分のクーポンが貰えます!
⇒イラスト素材【PIXTA】会員登録はコチラから


2016年賀状_猿ボーダー

 

スノーボードをする猿の2016年賀状テンプレート

⇒オリジナルパターンのご購入はコチラからどうぞ

 

スノーボードをする猿の2016年賀状テンプレート

⇒コメントスペース入りパターンのご購入はコチラからどうぞ

 

【ご購入の前に必ずご確認ください!】

お買い求め頂けるデータには【JPG】【PNG】【ベクター】の3種類があって、それぞれ異なった特徴を持っています。無駄に高額なデータを買ってしまわれないよう、コチラのページにてご確認ください。

⇒JPG?PNG?ベクター?あなたにとって必要な画像データのファイル形式とは?

スノーボードってかっこいい!けど…

今年もそろそろ、ウィンタースポーツの季節がやってきました。

僕がこの季節楽しみにしているのが、〝スノーボード〟

とは言っても、実は自分はスノボを2~3回しかやったことがありません^^

それも十数年前にw

「なんだ。〝にわか〟か…」

なんて思われてしまうかもしれませんが、

 

その通りです^^

 

じゃぁ何が楽しみかと言えば、TVで放映される〝Winter X Games(ウインターXゲーム)〟や〝 TOYOTA BIG AIR(トヨタ・ビッグ・エア)〟などのコンペティションの観戦。

もう、かれこれ20年程前から好きで観ています。

まだ悪ガキだった頃の〝ショーン〝ニンジャ〟ホワイト〟、かっこ良かったなぁ…^^

ウインターXを観始めた当時、僕はスキーをしていました。

いわゆる僕をスキーに連れてって〟世代です。

口に出すのも恥ずかしいんですがw

 

当時丁度スノーボードが日本で認知され始めたばかりで、サーフィンやスケボーに興味があった僕は、同じ臭いのするスノボにも、当然興味を持ちました。

ただ、やっとまともに滑れるようになったばかりのスキーをやめてスノボに切り替えるのが、なんだかもったいないし、簡単に流行に乗るのも〝ダサい〟と思って、そのままスキーをやり続けました。

そんな自分がカッコいい!と思ってたんです^^

〝僕をスキーに連れてって〟なクセにw

 

それでも僕にとってスノボやスノーボーダーは今でもずっと、サーフィンやスケボーと同様、〝憧れ〟であって〝カッコいい〟存在であり続けています。

ちなみにサーフィンやスケボーのことも書いてますので、興味のある方は以下の記事も覗いてみて下さいね^^

⇒サーファーは年賀状なんて出さないぜっ!というあなたへ…

⇒スケーター必見!オーリー猿のイラストがcoolな年賀状

⇒誰も欲しくない?スケボーと猿と浮世絵の年賀状テンプレート

スノーボード>スキー?

そんなスノーボードも90年代中頃には大ブームになって、スキー場でもスキーヤーを上回る程のスノーボーダーを目にするようになりました。

2000年に入った頃には、もうすっかり〝スキー=ダサい〟〝スノボー=カッコいい〟という風潮が定着してました。

だから彼女と2人で雪山に行っても、僕はスキー、彼女はスノボw

それでも僕はスノボには浮気せず、スキーをやり続けました。

「それがハードコアでクールなんだ」

と、自分に言い聞かせて^^

〝僕をスキーに連れてって〟なクセにw

 

ただ、そんな僕にもちょっとした転機が訪れました。

スキー業界に〝フリーライドスキー〟とか〝スキーボード〟と呼ばれる、新しいスタイルのスキーが登場したんです。

僕がスノボに(密かに)憧れていた最大の理由は、滑ることの面白さよりも、その〝スタイル〟。

なにより自由でちょいワルで、反社会的なスタイルにこそ、スノボの魅力だと感じていました。

〝フリーライドスキー〟や〝スキーボード〟には、スノボと同じような、そんな臭いを感じ取れたんです。

 

「来たコレ!」

 

すぐさま、僕は〝スキーボード〟を買い、その後〝フリーライドスキー〟用の板も買いました。

その後何年か〝フリーライドスキー〟と〝スキーボード〟に磨きを掛けようと続けましたが、結局極めることはできず、中途半端にやめてしまいました…

ただ僕は今でも、〝フリーライドスキー〟はスノボと同じ臭いを感じるし、スノボに負けないくらいカッコいいと思い続けています^^

スノボ=スポーツ?

前記したように、僕がスノボに魅かれる理由は、なによりその〝スタイル〟

自由でちょいワルな、反社会的なスタイルなんです。

 

何年か前、スノーボーダーが雪山で遭難した事件、覚えてますか?

記者会見でのドレッドロックと無精髭が印象的だった、あの方の事件です。

決して彼がカッコ良かった!なんて思わないし、あのことを肯定するのではありませんが、実のところ、あの事件にこそスノボの本質が隠されているんだと、個人的には思っています。

こんなこと言ったら、怒られちゃうかなw

でも続けます^^

 

本来スノボって、いわゆる〝社会のルール〟や〝大人の常識〟に囚われるのを嫌う〝悪ガキ〟達が始めた遊びで、それこそがスノボの〝美学〟でもあると思うんです。

ただ、魅力的過ぎる遊びだったが故、一般にも広く知られるようになり、大きなブームになってしまった結果、本来自由だったはずの悪ガキ達の遊びは、大人達の常識により社会のルールでガチガチに縛られてしまいました。

 

「ここでしか滑っちゃいけません」

「スピードを出しすぎちゃいけません」

「お酒を飲みながら滑っちゃいけません」

「ここでおしりついて座ってちゃ、いけません」w

 

そこにはスノーボードの美学はありません。

以前、スノーボード界のカリスマ〝Terje Håkonsen(テリエ・ハーコンセン)〟は、

「オリンピックによる国対国の構図はスノーボードの「自由な精神」に反する」

と言って、冬期オリンピックへの出場を辞退したそうです。

 

超カッコいい^^

 

 

これこそがスノーボーダーの美学であり、僕がスノーボードに感じる魅力なんです。

とは言え…

とは言え、社会の中で生活している以上、ルールを無視したり反社会的な態度を取ることを、全て手放しに肯定するということではありません。

〝自由〟と〝無法者〟は違いますからね^^

また、スノボをスポーツやコンペティションとしたり、オリンピックに出場したりすることを否定する訳でも、決してありません。

むしろ僕はそんな人達を尊敬するし、応援しています。

オリンピックには否定的だったテリエも、とは言え他のコンペには出場しているし、やんちゃな悪ガキだったショーン・ホワイトはオリンピックに出場しました。

ソチオリンピックでの〝角野友基〟選手の活躍には、すごく感動させてもらいましたしね。

逆説的に言えば、あくまで悪ガキの遊びとして楽しむのも、競技として一生懸命に取り組むのも、それぞれスノーボードの「自由な精神」に乗っ取っていると言えるのかもしれません。

 

いろいろとスノーボードに対する個人的な想いを書かせてもらいましたが、要は、僕は自由でカッコいいこのスノーボードが、やりもしないのにメチャメチャ好きということ。

今回こんな作品を作ったのも、そんな想いから。

フツーにスノーボードを楽しんでいる人はもちろん、年間50日以上も雪山へ通うような〝スノボフリーク〟

「カッケー!」

って、喜んでもらいたい…

そんな想いで作った、自分的にもお気に入りの作品なんです。

 

ちなみにこちらもスノーボード関連の年賀状テンプレートです。
よろしければ併せてご覧下さい^^
⇒スノーボードの板をそのまま年賀状デザインにしちゃいました

 

■作画風景の動画作ってみました。おヒマでしたらぜひ^^

 

スノーボードをする猿の2016年賀状テンプレート

⇒オリジナルパターンのご購入はコチラからどうぞ

 

スノーボードをする猿の2016年賀状テンプレート

⇒コメントスペース入りパターンのご購入はコチラからどうぞ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す