申年のアイコンと言えばコレ!空飛ぶ孫悟空のPOPな年賀状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
富士山をバックに筋斗雲に乗って飛ぶ孫悟空のイラストを使った年賀状

来年の干支は申年だけれども、ただのお猿さんの年賀状じゃつまらない!

2016年を今年以上のスーパーな年にするのなら、年賀状の絵柄はSuper Monkey孫悟空で決まり!

POPなデザインのタイトルもインパクト抜群の、スーパーハッピーな年賀状テンプレートです。

この作品は2016年 申年用の年賀状テンプレートです。】⇒2017年 酉年用の年賀状テンプレート一覧はこちら

作品のご購入は安心のPIXTAから

当サイトに掲載した作品はすべて、国内最大級ストックフォトサイト「PIXTA」からのみ、ご購入頂けます。まずは会員登録を!登録はもちろん無料です!!


更に!只今こちらのリンクから会員登録をすると、540円分のクーポンが貰えます!
⇒イラスト素材【PIXTA】会員登録はコチラから


2016年賀状_孫悟空

 

富士山をバックに筋斗雲に乗って飛ぶ孫悟空のイラストを使った年賀状

⇒ご購入はコチラからどうぞ!

 

【ご購入の前に必ずご確認ください!】

お買い求め頂けるデータには【JPG】【PNG】【ベクター】の3種類があって、それぞれ異なった特徴を持っています。無駄に高額なデータを買ってしまわれないよう、コチラのページにてご確認ください。

⇒JPG?PNG?ベクター?あなたにとって必要な画像データのファイル形式とは?

孫悟空と言えば?

孫悟空は言うまでもなく、中国の小説「西遊記」のメインキャラクターですよね。

「え?言うまでもなく?孫悟空が?中国の?西遊記??」

もしかすると、そんな方もいるかもしれません。

そう、特に10代20代の若い世代の方にとって、孫悟空は西遊記のキャラクターではなく「ドラゴンボール」の主人公なのかもしれませんから。

「いや、さすがにそれはないな」

って思ったあなたは、りっぱなオッサン(オ○チャン)ですw

それにしても「ドラゴンボール」、ものすごい人気ですよね。

少年ジャンプで連載が始まったのはなんと1984年!
今から31年前の事です。

当時からリアルタイムで「ドラゴンボール」を読んでいた僕にとって、31年後、このマンガが世界中の子供達を熱狂させるとは思ってもみませんでした。

これが「cool japan」のパワーなのでしょうか?

ところで、世界中で愛されてるってことは、中国の子供達も「ドラゴンボール」、読んでいるんですかね?

中国の子供達に「孫悟空って知ってる?」って聞いたら

「カカロットだろ」って言ったりしてww

西遊記と言えば?

子供の頃リアルタイムで少年ジャンプの「ドラゴンボール」連載を読んでいた僕ですが、それでもやっぱり孫悟空と言えば西遊記ですね。

で、西遊記と言えば先述したように、言うまでもなく中国の小説です。

「え?言うまでもなく?西遊記が?中国の?小説??」

とはさすがに言いませんが、それでも僕にとっての西遊記は、中国の小説よりも日本人がアレンジしたTV番組の方がしっくりきます。

堺正章氏が孫悟空に扮したTVドラマ「西遊記」です。
数年前には孫悟空役をSMAPの香取慎吾さんに替えて、リメイクされてましたね。

当時僕はまだ小学校に上がったばかりだったのですが、本当に面白くて夢中になって観ていた覚えがあります。

岩から堺正章氏扮する孫悟空が出てくるオープニングシーンなんか、いまだにクッキリと覚えているくらい。

でも、ですね。

それ以上にインパクトがあって、当時大好きだった「西遊記」があるんですよ。

僕と同じ世代の方なら覚えていらっしゃるかもしれません。

「飛べ!孫悟空」という人形劇です!

志村けんの孫悟空を始めとする、ドリフターズのメンバーを西遊記のキャラクターにした人形を使った人形劇でした。

この番組のぶっ飛び方ったら、ちょっとハンパじゃなかったですよね^^

なんせ三蔵法師一行の中に、西遊記には絶対に出てくるはずのない、酔っぱらいの「カトチャン」がいるんですからw

加藤茶さん扮する「カトチャン」ですよ。ヤバ過ぎますww

オープニングソングやお話の途中途中で出てくるピンクレディー(ピンクレディは人形ではなく本物です)も良かったなぁ・・・

と、いう訳で、今回制作した「2016年賀状_孫悟空」は、「カカロット」ではなく、あくまで小説「西遊記」の孫悟空ですので、ご了承を。

そもそも、「ドラゴンボール」の孫悟空をパクったらヤバいことになってしまいますからねw

 

富士山をバックに筋斗雲に乗って飛ぶ孫悟空のイラストを使った年賀状

⇒ご購入はコチラからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す